高校数学の解き方

高校数学の教科書や大学入試の問題を解いてみます。簡潔で分かりやすい解答で、模範解答に近いものを目指します。

演習問題Bの13(p.117,数学Ⅰ,数研)

問題

{\Large 13}. 2\; つの放物線\; y=2x^2,\; \; y=-x^2+6x\; \; 2\; つの共有点の座標を求めよ。

解答

\genfrac{\{}{.}{0pt}{0}{\; y=2x^2\quad \quad \quad \cdots (1)}{\; y=-x^2+6x\;\; \cdots (2)}

とする。(1),\; (2)\; から\; y\; を消去すると 2x^2=-x^2+6x

すなわち 3x^2-6x=0

これを解くと x=0,\; \; 2

(1)\; から x=0\; のとき y=0\; x=2\; のとき y=8

よって,共有点の座標は (0,\; 0),\; \; (2,\; 8)

 

ブログ全体の目次(過去の記事の一覧)